投資商品をどう組み合わせて何を買うか。お得な買い方、売り方、運用の仕方。

投資配分

頻繁にリバランスするより、たまにリバランスのほうが利益がでる

当初決めた資産配分からずれてきたときに、頻繁にリバランスした方がよいと思っていませんか?決めたとおりに近づけるという意味ではそれが正しいですが、頻繁にリバランスしなくても利益が出やすいので問題ないです。投資って怠け者がいいんだと思います。
投資配分

エクセルでアセットアロケーションの効率フロンティアを求める

投資先を値動きが異なる資産に分散すると、リスクを減らすことができます。目標とする利回り(リターン)もしくはリスク(標準偏差)を想定すれば、最適な配分を計算から求めることができます。ロボアドバイザーなどで使用されていますが、エクセルでも計算できるファイルを公開するので試してみてください。自分の持っている資産の合成したリターンとリスクを計算して、効率的に分散しているか確認してみてはどうでしょう。
売却

非課税口座ではなく利益が出ていて課税されても課税口座から売却すべき

必要な現金を得るため、リスクを下げるため、当初決めたアセットアロケーションの比率に戻すため、などの理由で資産を売却する際は、どの口座の資産から売却すべきでしょうか。税金がかからないよう配慮すべきでしょうか?計算の結果、課税口座で利益のない資産課税口座の利益ある資産非課税口座の順に売却するとよいようですよ。
積み立て

10年積み立てて+50%でもリーマンショック級の暴落で1年後に赤字に

毎月コツコツ10年も積み立てて利益がかなり積み重なっていたら、もう大丈夫だと思っていませんか?昨年の下げで資産の状況がどうなっているか確認し、数年内に使う資金なら組み換えを考えた方がよいですよ。
積み立て

教育ローンを借りてでもイデコで積み立てした方がお得!?

iDeCoは所得税が減税されるのでお得と言われていますが、年利換算するといくらぐらいの価値になるのでしょうか?エクセルで計算してみましょう。住宅ローンの繰上げ返済よりiDeCoの定期預金の方が得かもよ。
積み立て

iDeCoは年払いで手数料をケチるといくら損するか?

iDeCoを年払いにすると拠出時の手数料を毎年1133円も節約することができます。しかし、年払いにするデメリットもあります。年払いにした際のデメリットを金銭換算すると月払いと年払いのどちらが得なのでしょうか。
積み立て

暴落しそうな時ほど積立投資を始めよう!

暴落前から積み立て投資をすると、暴落後に上がり始めてから投資するより得だという説明です。